有害なものを取り入れないという選択

経皮吸収と有害物質について、ステラはこう考えています。

私たちの皮膚は、もともとからだの内部を守るための組織になっていて、有害な物質が侵入しにくいような構造を持っています。ただしそれは自然界にある天然成分についてのこと。水に溶けやすい性質のものがほとんどなので、皮膚は水をはじくようにできています。水をはじく役割は「脂肪」、皮脂腺から「脂肪」を出し、水分や、水分中にあるいろんな物質もはじいてくれています。しかし、日常品の多くに混入されている石油を原料とする「合成化学物質」は、分子量が小さく、脂肪に解けやすいので、皮膚から入って血液やリンパ液に溶け込みます。 これが「経皮吸収」です。そして「経皮吸収」されると、さまざまな臓器へ運ばれ、いろんな症状を引き起こすことになります。「経皮毒」は科学的に立証されているわけではないので反論される声も多くあることは知っています。

でも私自身の体験から「お客様とスタッフを守りたい」という強い思いで、人任せにせず20年以上研究し続け、独自の有害物質除去トリートメントをつくりました。お肌のトラブルを抱えている方、化学物質過敏症の方、そして環境問題に関心のある方たちにとってのステラは「癒やしの場」になっています。「しみるから他へ行けない」と言うお客さまでいっぱいです。予約が取りづらくなってくると、次回のご予約をお帰りの際にされる方もいらっしゃいます。初めて来た方が、「何か落ち着く」とおっしゃいます。化学物質過敏症やアレルギーで、美容室が苦手だったお子さまが「ここは好き」と言ってくれました。とってもありがたいです。そのお客さまからの声をエネルギーに変えていつも全力できれいをつくっています。